So-net無料ブログ作成

アクセントと音階 [趣味と実益]

かなりウザい話になるので、ウザい話が嫌いな人はここでやめましょう。

かの藤山一郎さんは、紅白に出ても最後の「蛍の光」は歌わなかったそうな(昔聞いた話なので間違ってたらすみません)。理由は「日本語の歌として正しくないから」。シブい。
つまり、日本語の共通語のアクセントとしては「ほたる」は「ほ」の音が高い頭高が正しいが、「蛍の光」の「ほたる」は「た」が高い。それがヨロシくないということなのだ。

昨今の楽曲に慣れていると、「別にいーんじゃない?」という話なのだが、電波芸者(←もういいですね、局アナと読んで下さい)の悲しい習性で、詞を書く際にはどうしてもアクセントと音階の問題が気になる。どうしても合点が行かぬと、メロディをいじったり、使いたい言葉を諦めて別の言葉を探す作業が必要なのだが、我々のようなパロディをやっていると、ネタ元が明確にわかることが大事なので、そうは変えられない。などという葛藤と戦いながら所詮「燃え尽きて果てるまでは ひたすら腰振ってShake!(腰振ってBaby)」程度の詞しか書いてないところが物悲しくもあるが。

アクセントというのは、時代とともに揺れ動いているので、本来は「間違い」であったものでも広く使われるようになると、最新版のアクセント辞典では「それでも可」という扱いに変わることも多い。とはいえ、アクセントには意味の違いを明確にする役割(「雨」と「飴」とか「橋」と「箸」とか)もあるし、何より本来の正しいアクセントというのは、その言葉が日本語として一番美し響くようになっているのではないか、とも思うのである。「恋人」の意味で使う「カノジョ」「カレシ」なんて、流行りの平板よりもちゃんと頭高で使った方が「いい女」「いい男」な感じがするのよ、俺には。もちろん「音楽はハートで感じるものだぜぃ!」というご意見もあろうが、俺は、特に自分が発する歌についてはきちんと言葉が伝わることをまず考えてしまう。もろ職業病だ。

結局のところ、「まあ、お笑いだからこんなんでいいや」という所に落ち着くことも多いのだが(なんだ、やはりそんな程度か)、「メロディに言葉をのっける」作業と「日本語をメロディにのせる」作業は違うのではなかろうか、という漠然たる思いの元、いずれ「この美しき日本語を聴け!」という気合いの入った曲を作る際には、やはり日本語をメロディにきちんとのせる道を選ぼう、と思うのである。というか、そうしないと気が済まないはず。

ということで、いつも後輩や同僚のアクセントの間違いを指摘しては煙たがられている男からのウザい話でございました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0