So-net無料ブログ作成

テキトー短歌論 [我流文学]

例えば、こんな過去記事があるように↓
http://blog.so-net.ne.jp/losotakos/2006-06-17
俺は短歌が好きなのである。

「啄木にはまったのは高校3年の頃」と書いてあるな。
そうだっけ?(←適当だな)
少なくとも中学の頃には百人一首ほとんど覚えてたような気がする。
啄木の短歌も与謝野晶子の短歌も中学時代にはかなりウハウハ言いながら
読んでた記憶がある。
でもまあ、ずっぽしハマったのはやはり高校に入ってからか?

自分で詠んだ短歌で、記憶と記録に残っている一番古いのは高校3年の時に
詠んだものだ。
ちょうど「龍馬がゆく」にも感化された時期で、
「なんかつまんねぇ世の中に生まれて来ちまったなぁ」みたいなことを、
ちゃんと古語を使って詠んでいた。

その後、啄木の影響で「3行書き」「句読点有り」「口語体」になっていくのだが、
しまいには「最終的に31文字に近けりゃ、五七五七七じゃなくていいや」
なんてノリになっていく。英語まで入ったりなんかして、もう「短歌の権威」という
学者さんが見たら「ケシカラヌ」と血相変えそうな勢いである。

で、今になって思うのは、やっぱり「五七五七七」がいいのではないか、と(笑)。

作例1)
哀しき心もて
爪弾けるギターの音色
ぽろぽろと鳴りて消ゆ

これなんかぴったり31文字だけど(多分)、
「いいですか、今から短歌を発表します。五七五七七じゃないけど、
短歌なのです。短歌なんだから短歌と思って読んで下さい」
って言わないとわからねぇじゃん、という世界ですね。

作例2)
これだっていつかは灰になるのだ、と
思って見ている
己が掌のひら。

やっぱり短歌としてまだこっちの方が納得しやすい(笑)

あとはやはり、「定型におさめる」という作業が、
時にもどかしく、時に心ときめかせるのである。
「くそ〜、字数合わないけど、なんとかしておさめてやる!」
という妙な闘魂。曲先行で詞を付けるかのような勝負。

とはいえね、「自由に詠ませろ!文句あっか!」という時もあるので
これからも定型だったり、定形外だったりするのです。

作例3)
「尾崎が好き」と言っていた
あの人と聴いた「I LOVE YOU」を、
一人で聴いている。

↑もう滅茶苦茶です。

でまあ、今回こういう事を書いたのは、今まで
「俺、短歌作るの好きなんすよ」とカミングアウトして
「いや、実は僕も」「いえ、わたくしも」と相成った試しがほとんどないくらい
まわりに歌人がいないので、
「なんだ、そんなテキトーでいいのか」
と思って作り始めてみました、という人がいればいいなぁ、ということなのである。


nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

ギター松

ダラダラと意味もなく長い文章を書く私にとって、
エッセンスを凝縮して五七調にまとめる、日本の言葉の芸術に憧れます。

ところで、五七調って(ま)も入れると8ビートですよね。
なになにの(・・・)5+3
なになになにの(・)7+1
なになにの(・・・)5+3
なになになにの(・)7+1
なにがなんだか(・)7+1

ロッカー向きなのかもしれない。
by ギター松 (2007-11-25 10:37) 

LosOtakos

>松さん
おお、短歌ロック説!
by LosOtakos (2007-11-25 18:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。