So-net無料ブログ作成
検索選択

ただ俺が読んでいるというだけの話 その9 [書を読む]

「滴り落ちる時計たちの波紋」平野啓一郎 (文春文庫)
SBSH11791.JPG
非常に挑戦的というか冒険的な試み満載でありますが、それぞれが実に読み応えたっぷりな作品に仕上がっておりまして、さすがの平野啓一郎氏であります。
が、平野本は読み応えがありすぎて読むのにえらい時間がかかるのであります(苦笑)。
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。