So-net無料ブログ作成

おかえりD-18E! [ギター]

長期入院していたMartin D-18Eがようやく帰ってきました!
いやぁ、金かけた(笑)。
まず、あちこちデッドポイントがあったので、フレット交換と指板調整。
↓ああ、美しい新品フレットと調整済み指板。
IMG_7541.JPG
そして、気合いのナット&サドル象牙交換。
↓50年代マーチンのナットは独特の流線型で成形が難しいらしい。
IMG_7539.JPG
↓しかも、ピエゾ積んでる関係でロングサドルを乗せられなかったのだが、ブリッジ側にピエゾを少し埋め込んだ上に、サドルも完璧に残りのピエゾのスペースを削りだして、見事ロングサドル化成功。
IMG_7536.JPG
音的にはサスティーンの向上、レンジの向上などもちろん大満足であるが、なにより弾きやすさ100倍!ってなもんで、相変わらず村山マジックには脱帽です。。
nice!(0)  コメント(1) 

nice! 0

コメント 1

【P】

ギターのパーツひとつひとつに愛着がわくのでしょうね^^
私は普段こゆ風にアップで見ることないから、
なんだかわくわくします。
by 【P】 (2015-06-06 21:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント