So-net無料ブログ作成
検索選択

ただ俺が読んでいるというだけの話 [書を読む]

「官賊と幕臣たち―列強の日本侵略を防いだ徳川テクノクラート」
「明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト」
IMG_2437.JPG
小学生の時にNHKの大河ドラマでやっていた「草燃える」をきっかけに、俺は源平争乱から鎌倉時代というのがもの凄く好きな時代になったのだが、高校生の時に「竜馬がゆく」を読んで、幕末への興味がそれを凌駕したのであります。
が、その後あれこれ本を読んだりすると、「坂本龍馬すげぇ」ということよりも、「明治維新、うさんくせぇ」という感情が強くなり、つまりは「薩長が徳川に取って代わりたいだけだったか」とか「薩摩は龍馬さえも邪魔になって斬ったか」とか「結局は西郷までも歯向かう明治ってなんなの?」とかいろいろ考えるようになったわけです。
一番の疑問は「欧米列強にとっては当時の日本など赤子の手を捻るように植民地にできたんじゃないの?」ということなのだが、諸々すっきり解決してくれる本です。もちろん敵前逃亡の慶喜公はいただけませんが。。。とはいえ、もう少し読みやすくわかりやすく編集できるはず。。。ちなみにあの頃の人物で一番好きなのは、今は坂本龍馬よりも土方歳三です。



その流れで読んだ、井伊直弼を中心とした「花の生涯」。
IMG_2438.JPG
薩長が絶対正義の歴史観で育つと、これほどの悪人はいないわけですが、おそらく救国の士と再評価されるべき人物であると思います。

感極まって桜田門外を訪問。
IMG_2422.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント