So-net無料ブログ作成
検索選択
何気ない日常 ブログトップ
- | 次の10件

どんぶりものの美学 [何気ない日常]

牛丼屋でしばしば遭遇する「つゆだくね!」というオプションのオーダーであるが、「つゆだく」は果たしてありか、なしか。

「どんぶり正教牛丼宗オタコス派」の教えでは、ずばり「なし」である。

どんぶりものはただ食せばいいというものではない。ご飯がどっぷりとつゆに浸っている図は、見た目学的にどんぶりものの美学に反してると言わざるをえない。どんぶりの見た目学的な美とはすなわち、「具と、ほどよくタレのしみたご飯と、凛とした白さを保つご飯」のトリコロールである。「どうせどんぶりで見えないじゃん」という突っ込みは百も承知である。

しかしながら、具とタレしみご飯を同時に食し、白いご飯で味覚を落ち着かせたあと、また具とタレしみご飯を食す。これが数百円の牛丼を存分に楽しむ奥義なのだ。

従って、どんぶり正教牛丼宗オタコス派の信徒は、「牛丼大盛り、つゆほどほどね!」と頼むのが習わしなのである。

とはいえ、こんなもんはそれぞれが好きなように食うのが一番なのである。

「どんぶり道とは、食ふことと見つけたり」とは、よく言ったものである。


わがままは男の罪 [何気ない日常]

それを許さないのは女の罪

←本日の虹でございます。


- | 次の10件 何気ない日常 ブログトップ