So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

修理するか買い換えるかの問題 [ギター]

ある日突然、DIがうんともすんとも言わなくなった。
IMG_1851.jpg
楽器屋経由でメーカーに診てもらったら、修理に1万円ちょいかかりそうだという見積もりであった。
ぶっちゃけ新品で買い替えても1万8000円位である。

一瞬悩んだが、修理してもらうことにした。
昔、会社のゴミ置き場に安物の古いモーリスのアコギが捨ててあった。ケースもなく丸裸であった。が、糸巻きがひとつ欠品していたものの、ネックはまっすぐだしトップ板も膨らんでいないので、銀座の山野楽器に持ち込んで、「似たような糸巻きを付けていただいて、また弾けるようにしてほしい」と依頼した。
対応した若い店員が一言、「モノ買ったほうが早いっすよ」と言った。
俺にとっては縁もゆかりもない拾ったギターであるが、こういうやつに楽器を売る資格はないと思ったものである。
まあ、DIなんてギター本体に比べると「いつも肌身離さずそばに置いていた思い出がいっぱい詰まった大切なDI」とか「経年変化で飴色に焼けたビンテージ感たっぷりの筐体」とか「貴重なハカランダ材使用」とかあるわけでないが、なんとなくそんな山野事件も思い出したので、「新しく買えばいいや」ではなく、修理して大切に使おうと思ったわけである。
家電とかPC、スマホなら「10年前のものより今のものを」と思うだろうが、「10年前のパラDIより今のパラDIのほうがいいっすよ」ってこともないし、処分するにも燃えないゴミ増やすだけだしな。
が、しかし、この金欠状況の中、結局税込み1万3000円の修理代は痛い。。。
nice!(0)  コメント(0) 

帰ってきたのか!?クローズアップ弦代 その1 [クローズアップ弦代]

帰ってきたのか!?クローズアップ弦代 その1
ERNIE BALL/アコースティック弦 アルミニウム・ブロンズ

えーと、かつてあれこれアホみたいにいろいろな弦を試してはその感想をアップするというギター馬鹿丸出しのコーナーをここでやっておりましたが、あれこれ試した挙げ句にアコギ弦はジョン・ピアース、クラシック弦は香織様セットで落ち着いていたので、もうあれこれ試すこともないであろうと思っていたのですが、、、
しばらく弦業界から遠ざかっていたら、あれこれ知らない弦が出ておりまして、ひさしぶりにお試ししたくなってきたわけであります。とはいえ、現時点であれこれ買いだめているわけではないので、不定期アプになるかと思います。
で、まず第一弾は「ERNIE BALL Aluminum Bronze Medium Light.012 .016 .024 .032 .044 .054」。
これはずいぶん前から存在は知っておりましたが、昔からブロンズ弦で育ててきたモーリスで試してみようかと。
IMG_1260.jpg
各弦を包んでいる紙袋はなかなかクラシカルでいい雰囲気。
IMG_1258.jpg
見た目はよく見るブロンズと比べると、ちょっとダークな印象です。
IMG_1259.jpg
では、お試し動画です。

ブロンズらしい、明るく軽やかな音でサクサク鳴ってくれます。歌ものバッキングとか、マホガニーのギターにはよく合いそうです。このモーリスも馴染みのブロンズということもあって元気よくシャキッと鳴ってくれていて、音的にはおすすめできる弦です。
ただ、、、ちょっとテンション感が強いかなぁと思うので、よく調整されたギターでお試しいただくか、指先をがちがちにしてお試しいただくのがよろしいかと思います。


nice!(0)  コメント(0) 

マリーゴールド / あいみょん [ギター]

えーとですね、機会があればあいみょんの「マリーゴールド」をカバーしようと企んでおります(笑)。
でまあ、俺の耳コピ能力なんてまったくあてにならない前提で物言いますが、
「心を揺さぶりすぎて」とか「可哀想なふりをして」のところ、Uフレット楽器.meJ-total musicも書店で確かめたヤマハ系の書籍も2カポCのコード進行で「Am ~ G」という表記をしております。Gをはめるとあまり気持ちよく歌えないし、本人の演奏動画を見てもとてもGを押さえているようには見えないのですが、世の中的にはGで文句なし、なのでしょうか。
ワタクシはマイナーのコードをあてないとまともに歌えません。が、ワタクシの拙い能力ゆえかもしれませんので、あまり気になさらずにw。

nice!(0)  コメント(0) 

謹賀新年 [何気ない日常]

あけましておめでとうございます。
今年もそれなりにあれこれやるつもりではいます。
よろしくお願いします。
2019nenga.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

真性ギター馬鹿i復活の兆しなのか、どうなのか!?その2 [ギター]

そんなこんなで、ピクアップ搭載のエレアコを物色したのだが、初めてトライしてみたMATONのギター。
IMG_0178.jpg
オーストラリアのギターはかつてコール・クラークというのがだいぶ流行りましたね。ジャック・ジョンソンの影響でした。で、確かにいいギターだったし、いいエレアコでした。オーストラリア材を使っているというのも地元魂があってよかったですね。
でもあの頃のワタクシといえば、「我が家こそプレミアムギターミュージアム」と言っても誰も文句を言わないくらいのオールドビンテージのマーチン・ギブソン祭りを毎日開催してたわけですw。オーストラリアのギターには触手が伸びなかったわけで、当時からトミー・エマニュエルの曲は好きだった俺ですが、MATONのギターを触りもしなかったですね(ケーブルはラボーガのトミーモデル使ってるけどw)
さて、MATONですが、まずプレイアビリティが店頭展示時から抜群によく、高いモデルもそうでもないモデルも等しく凄まじく弾きやすい。
更にエレアコとしてはピックアップのシステムが文句なしに良くできてます。マーチンのEシリーズのシステムをさらにもう2段階くらい進化させた感じで、マイクの位置を自分好みドンピシャに調整できるのが素晴らしい。
写真はトミー・エマニュエルのシグネチャーモデルですが、それほど高くないグレードでますますギター馬鹿復活の気配なのであります。
nice!(0)  コメント(0) 

おかえりJ-200 [ギター]

長いこと友人に貸し出していたGibson J-200が久しぶりに我が家に帰ってきました。
貸した頃は我が家にはまだJ-185、サザンジャンボ、J-45 Custom Vine、メロディーメーカーJoan Jettモデルなどがあり、全然Gibsonロス感はなかったのだが、いまやこいつが唯一のGibsonになってしまいました。
IMG_0171.jpg
家で久々に堪能してみると4弦開放にビビりが。。。ナット限界かなぁと過去の調整記録を紐解くと、随分前に応急処置的に4弦の溝を埋めておりました。
さすがに交換だなぁ。結局また修理お預けでGibsonロスだな(笑)
nice!(0)  コメント(0) 

真性ギター馬鹿i復活の兆しなのか、どうなのか!? [ギター]

ここ数年、諸般の事情により手持ちのギターを減らす一方であったのだが、さすがにどかどかと減らしすぎた影響も出てきました。
例えばライブのときに安心して使えるのがヤイリの梅1号しかないわけです。ボディヒット拾わなくていいならD-18Eもありですが、環境によってはノイズが気になったりするし。。。
というわけでライブに使えるピックアップ装着済みのギターをなんとなく物色してたのに、ものすごく心惹かれてしまったギターがことごとくピックアップ付いてないという(笑)。
さあ、どうしようかなぁ。悩むなぁ。
IMG_9900.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

Los Otakos@TX LIVE 2018 [ライブリポート]

2018年11月4日(日)六本木バウハウスにて開催されたTX LIVEに参加しました。
IMG_9793.JPG
Los OtakosがTX LIVEに参加するのは2003年以来!
やはりお祭り的ライブイベントでワイワイグダグダやるのは楽しいっす。

SET LIST
1)さそり座のLovin' You Baby
2)カリフォルニア一人旅
3)SAZAE NIGHT
4)Black 防人 Woman
5)I Love 昴
6)矢切のオアシス
IMG_9788.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

平原綾香 15th Anniversary CONCERT TOUR 2018 ~Dear Music~ [ライブリポート]

「平原綾香 15th Anniversary CONCERT TOUR 2018 ~Dear Music~」のファイナル、NHKホールに行ってきました!
IMG_9435.jpg
ミュージカルの「ビューティフル」や「メリー・ポピンズ」も観に行ったガチなファンとしては、アルバム「Dear Music」収録の「A Natural Woman」とか「Chim Chim Cher-ee」とか「Supercalifragilisticexpialidocius」(←スペルあってんのか自信ない)を聴いて、ミュージカルを思い出したりなんかして、非常に充実した3時間でありました。
おなじみ「あーやショップ」のコーナーも相変わらずの商売上手な口上(笑)。
nice!(0)  コメント(0) 

2018TX LIVE開催!! [お知らせ]

2018.11.4(日)
16:30開場
17:00開演
1ドリンク込み1500円
ロックバー六本木バウハウスにて
Los Otakosは18時ごろの出番です。
↓画像クリックで印刷用の大きな画像にアクセスできます。
2018TXLIVERGBsmall.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -